先日TwitterのTLを眺めていたら、1981年に当時29歳の坂本龍一がおすすめの本140冊を選出しているチラシの画像を見つけました。どうやら紀伊國屋書店による企画だったようです。 「坂本龍一が選んだ。坂本龍一の世界が …
荒俣宏『アラマタ美術誌』(新書館、2010年)入荷しました。 本書が教えてくれるのはまずヒトはどうして絵を描くようになったのか? なんと絵が描けたために滅亡をまぬがれたというのです。美の思想は東西で違うにもかかわらず、騙 …
『マリオ・プラーツ美術館』入荷しました。   澁澤龍彦、種村季弘、高山宏、荒俣宏らの知的好奇心の源泉にあり続ける碩学マリオ・プラーツ(1896-1982)のローマ市内の旧宅が、プラーツの死後そのまま美術館になっていますが …
高山宏『夢十夜を十夜で』(羽鳥書店、2011年)入荷しました。 これは明治大学国際日本学部で行われた「日本表象文化論」の講義を元にしてつくられた本で、文字通り、夏目漱石の『夢十夜』(1908年)について10回に分けて学生 …
ジャン=ピエール・リシャール『マラルメの想像的宇宙』仏語版原書(Jean-Pierre Richard, “L’univers imaginaire de Mallarmé”, Seuil, 1961.)入荷しました。  …
PAGE TOP