夏目漱石の『虞美人草』は1907年6月23日から10月29日まで朝日新聞に連載された。 作品の第11章で登場人物たちが1907年に開催された東京勧業博覧会を見物する場面があるので、作品内の時間も同じく1907年としていい …
夏目漱石没後100年ということもあって漱石作品を読み直している。 先日『虞美人草』を読み終わった。 あらすじを手短にまとめるとこんな話。 東京帝国大学を優秀な成績で卒業した詩人で学者の小野清三(おの・せいぞう)が、貧乏な …
PAGE TOP