Amazonに出品を初めて一週間が経ち、注文の波というものが何となくわかってきました。
朝昼にはあまり注文がなく、夕方から日付が変わる頃にどっと注文が増えます。お勤めの方がネットで本を買うとなるとどうしてもこのようになるのでしょう。
とはいえ、なぜその時間に?という注文もあります。
この一週間でいちばん驚いたこと。それは、午前六時に哲学書(スピノザの入門書)を注文されたお客さんです。
朝まで勉強された後の注文なのか。あるいはそもそも早起きの習慣のある方なのか。
ネットの注文なのでお客さんの年齢まではわかりませんが、勝手に大学生かな?と想像しています。
住所(発送先)はわかっていますので、ときどき、「あの県のあの町には朝からスピノザのことを考えている御仁がいるのだなあ」と思うと、何だか嬉しくなります。わたしもスピノザ好きなので。