名著複刻全集近代文学館〈昭和期〉(31点31冊付録1点)(出版:日本近代文学館、刊行:ほるぷ出版、1969年9月10日初版)に収録されている復刻本の一覧です。著者名/書名/出版社/出版年月日/ の順に原本の書誌情報をまとめました。

  • 川端康成『感情装飾』 金星堂 大正15(1926)年6月
  • 葉山嘉樹『海に生くる人々』 改造社 大正15(1926)年10月
  • 横光利一『春は馬車に乗って』 改造社 昭和2(1927)年1月
  • 川端康成『伊豆の踊子』 金星堂 昭和2(1927)年3月
  • 瀧井孝作『無限抱擁』 改造社 昭和2(1927)年9月
  • 芥川龍之介『侏儒の言葉』 文藝春秋社 昭和2(1927)年12月
  • 中條百合子『伸子』 改造社 昭和3(1928)年3月
  • 小林多喜二『蟹工船』 戦旗社 昭和4(1929)年9月
  • 水原秋桜子『葛飾』 馬酔木発行所 昭和5(1930)年3月
  • 井伏鱒二『夜ふけと梅の花』 新潮社 昭和5(1930)年4月
  • 林芙美子『放浪記』 改造社 昭和5(1930)年7月
  • 三好達治『測量船』 第一書房 昭和5(1930)年12月
  • 梶井基次郎『檸檬』 武蔵野書院 昭和6(1931)年5月
  • 岸田國士『チロルの秋』 第一書房 昭和6(1931)年6月
  • 小林秀雄『文藝評論』 白水社 昭和6(1931)年7月
  • 中野重治『中野重治詩集』 ナップ出版部 昭和6(1931)年10月
  • 谷崎潤一郎『春琴抄』 創元社 昭和11(1936)年6月
  • 谷崎潤一郎『蓼喰ふ蟲』 創元社 昭和11(1936)年6月
  • 太宰治『晩年』 砂子屋書房 昭和11(1936)年6月
  • 永井荷風『濹東綺譚』 私家版 昭和12(1937)年4月
  • 立原道造『萱草に寄す』 風信子叢書刊行所 昭和12(1937)年5月
  • 川端康成『雪国』 創元社 昭和12(1937)年6月
  • 高浜虚子『五百句』 改造社 昭和12(1937)年6月
  • 堀辰雄『風立ちぬ』 野田書房 昭和13(1938)年4月
  • 中原中也『在りし日の歌』 創元社 昭和13(1938)年4月
  • 坪田譲治『子供の四季』 新潮社 昭和13(1938)年8月
  • 高見順『如何なる星の下に』 新潮社 昭和15(1940)年4月
  • 山本有三『新篇 路傍の石』 岩波書店 昭和16(1941)年8月
  • 志賀直哉『暗夜行路』 座右宝刊行会 昭和18(1943)年11月
  • 坂口安吾『日本文化私観』 文体社 昭和18(1943)年12月
  • 徳田秋声『縮図』 小山書店 昭和21(1946)年7月

〈付録〉

  • 島崎藤村「夜明け前」 自筆原稿