名著複刻全集近代文学館〈明治前期〉(28点64冊付録2点2冊)(出版:日本近代文学館、刊行:ほるぷ出版、1968年12月10日初版)に収録されている復刻本の一覧です。著者名/書名/出版社/出版年月日/ の順に原本の書誌情報をまとめました。

  • 福沢諭吉『頭書大全 世界國盡』(全6冊) 慶應義塾出版局 明治2(1869)年8月
  • 仮名垣魯文『牛店雑談 安愚楽鍋』(全5冊) 誠之堂 明治4(1871)年5月〜明治5(1872)年1月
  • 川島忠之助訳『新説 八十日間世界一周』(全2冊) 丸屋善七店 明治10(1877)年6月〜明治13(1880)年6月
  • 戸田欽堂『民権演義 情海波瀾』 聚星堂 明治13(1880)年6月
  • 三遊亭円朝『怪談牡丹燈籠』(全13冊) 東京稗史出版社 明治17(1884)年7月
  • 坪内逍遙『小説神髄』(全9冊) 松月堂 明治18(1885)年9月〜明治19(1886)年4月
  • 二葉亭四迷『新編 浮雲』(全2冊) 金港堂 明治20(1887)年6月〜明治21(1888)年2月
  • 北村透谷『楚囚之詩』 春祥堂 明治22(1889)年4月
  • 幸田露伴『風流仏』 吉岡書籍店 明治22(1889)年9月
  • 巌谷小波『こがね丸』 博文館 明治24(1891)年1月
  • 斎藤緑雨『かくれんぼ』 春陽堂 明治24(1891)年7月
  • 若松賤子訳『小公子』 女学雑誌社 明治25(1892)年3月
  • 正岡子規『獺祭書屋徘話』 日本新聞社 明治26(1893)年5月
  • 内村鑑三『余は如何にして基督信徒となりし乎』 警醒社書店 明治28(1895)年5月
  • 高山樗牛『瀧口入道』 春陽堂 明治28(1895)年9月
  • 島崎藤村『若菜集』 春陽堂 明治30(1897)年8月
  • 宮崎湖処子編『抒情詩』 民友社 明治30(1897)年4月
  • 尾崎紅葉『金色夜叉』(全5冊) 春陽堂 明治31(1898)年7月〜明治36(1903)年6月
  • 土井晩翠『天地有情』 博文館 明治32(1899)年4月
  • 徳冨蘆花『不如帰』 民友社 明治33(1900)年1月
  • 徳冨蘆花『自然と人生』 民友社 明治33(1900)年8月
  • 国木田独歩『武蔵野』 民友社 明治34(1901)年3月
  • 与謝野鉄幹『紫』 東京新詩社 明治34(1901)年4月
  • 与謝野晶子『みだれ髪』 東京新詩社 明治34(1901)年8月
  • 森鴎外訳『即興詩人』(全2冊) 春陽堂 明治35(1902)年9月
  • 広津柳浪『河内屋』 春陽堂 明治39(1906)年6月
  • 泉鏡花『高野聖』 左久良書房 明治41(1908)年2月
  • 樋口一葉『真筆版 たけくらべ』 博文館 大正7(1918)年11月

〈付録〉

  • 福沢諭吉『学問のすゝめ』 慶應義塾出版局 明治5(1872)年2月
  • 坪内逍遙『一読三歎 当世書生気質』(第一号) 晩青堂 明治18(1885)年6月